Googleの「Stadia」はベータなしで本番スタート。月額サービス加入後もゲーム購入の必要があるなど、さまざまな最新情報まとめ
1c7ceaba2ae12bcabcb99729e122baa7

<以下記事引用>

GoogleのバイスプレジデントPhil Harrison氏は6月27日、同社のクラウドゲームサービス「Stadia」について、Eurogamerなどイギリスメディアの合同インタビューに答え、サービスのさらなる詳細について語った。

サブスクリプション形式で提供されるStadiaでは、ローンチ時点では月額9.99ドル(約1000円)の「Stadia Pro」プランが用意され、2020年には月額料金のかからない「Stadia Base」プランも追加される(関連記事)。Stadia Proプランでは、遊び放題のゲームライブラリにアクセスできるが、上述した30タイトルすべてがそのライブラリに収録されるわけではないそうだ。つまり、個別に購入しないとプレイできないゲームも存在するということ。

そのゲーム単品の価格についてPhil Harrison氏は、販売元や開発元が決めることだとしながら、ほかのプラットフォームよりも安くなることはないと明言した。ただHarrison氏は、テレビやPC、スマホ、タブレットなどデバイスを選ばないこと、また理論的にもっともクオリティの高いグラフィックでプレイできる点を、Stadia版の価値だとしている。なお、Stadia Proプラン加入者には割引が適用される。

一方、ほかの多くのサブスクリプションサービスでは、基本的に月額料金のみですべてのコンテンツにアクセスできるが、Stadiaでは有料会員であってもゲームを買う必要が出てくる。この点についてHarrison氏は、ゲーム業界はちょうど転換期にあり、誰もがサブスクリプションに移行する準備ができているとは限らないため、ゲーマーに従来と同じような形でゲームを入手できる選択肢を提供したと説明している。なお、仮にゲームがStadia向けの販売を終了した場合でも、購入者は引き続きプレイ可能とのことだ(IGN)。

Stadiaは、まずは欧米14か国にて今年11月にローンチ予定となっている。Phil Harrison氏によると、それまでにベータテストをおこなう計画はないとのこと(GamesRadar)。Harrison氏いわく、米国はテスト環境としては地理的にもっとも複雑で、ここで機能することが確認されたため、これ以上のテストは必要ないとしている。