a

アマゾン、日本での“ニセ商品”の撲滅に本腰--自動検知やセルフ削除ツールで撃退へ | CNET Japan
a

<記事一部引用>(全文はこちら)

アマゾンジャパンは10月9日、偽造品の撲滅(ゼロ)を目指すプロジェクト「Project Zero」を日本でも開始した。3つの機能を通じて、通販サイト「Amazon.co.jp」からニセモノ商品を一掃したい考えだ。2019年の初めからこれらの機能を提供している欧米では、すでに6000ブランドを超える9000万点以上の疑いのある商品を排除した実績があるという。

 Project Zeroでは、(1)自動プロテクション機能、(2)セルフサービスの偽造品削除ツール、(3)商品のシリアル化(こちらは2020年前半の予定)という大きく3つの機能によって、偽造品の撲滅を目指すという。

1つ目の自動プロテクション機能は、世界中のAmazonで毎日更新される50億件を超える商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知する機能。アマゾンの機械学習を活用しており、常に新しい情報を取り入れることで、疑いのある商品を販売前に未然に防げるとしている。欧米では、同機能により9000万点以上の商品が、消費者に閲覧される前に自動的に排除されているという。

2つ目の偽造品削除ツールは、これまでのようにアマゾンに通報せずに、ブランドオーナーが自ら偽造品を削除できるようになるツール。このツールによって削除された商品は、自動プロテクション機能に反映され、偽造品の検出精度の向上にも役立てられるという。

3つ目の商品のシリアル化は、ブランドオーナーが自社製品の製造や発送の過程で固有のコード(シリアルコード)を発行し、そのコードによってAmazonで販売される商品を1つずつ真偽精査できるサービス。こちらはオプションサービスだが、自動プロテクション機能と組み合わせることで、偽造品をより効率的に取り締まれるようになるという。

みんなの反応
中華を排除しろよ

レビューもどうにかしろ

おせえ

姿勢は評価したい。
あとは結果が伴うかどうかだけ。