Noms
『No Man’s Sky』PS4版で“サイバーパンクシティ”を築き上げるユーザーら現る。新アップデート実施後に配布予定 | AUTOMATON
nms

<記事一部引用>(全文はこちら)

大型アップデート「Beyond」
の実装が迫る『No Man’s Sky』。アップデートを祝うべく同作の世界の中に「サイバーパンクの街」を築き上がるユーザーが現れた。

PS4版にて築き上げられた街の名前はReplicant City。ユークリッドのとある惑星、地上深く暗い場所に根ざした街は、ネオンに照らされている。荒涼とした土地にモニタや電子デバイスが設置されており、蛍光色などがギラついている。サイバーパンクの定義は個々の主観に委ねられているが、こちらの街はサイバーパンクであると表現しても差し支えないだろう。


No Man’s Sky』では、発売後のアップデートにより建築要素が導入され、大型アップデートのたびに拠点づくりなどが拡張されてきた。パーツの種類や建築様式、施設や機能。そしてそれを取り巻くテラフォーミング要素が充実した結果、独創的な拠点を作り出すことが可能となった。これまでにユニークな拠点が作られてきたが、PC版よりも制約の多いPS4版にて、サイバーパンクシティをつくるというのはかなり意欲的な試み。20時間以上かけて作られたというだけある。なお、こちらの街については15日に配信される「Beyond」アップデートの数週間後にコードが配布されるとのこと。




nms (1)

nms (2)

nms (3)

nms (4)

nms (5)

すっげえ。元のNo mans skyとは世界観全く違うな。