時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害 | Game*Spark
f

<記事一部引用>(全文はこちら)


先日行われた、人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』ワールドカップのソロ部門で見事優勝し、賞金300万ドル(日本円にしておよそ3億2,000万円)を獲得した16歳のKyle Giersdorf選手。
一躍時の人となった同選手がスワッティングの被害を受けました。

海外メディアKotakuによれば、Giersdorf選手が2019年8月10日にTwitchにてゲームプレイ映像を配信していたところ、彼の父親から「ドアの所に武装した警察がいる」とする発言が。そのままゲーム映像配信は一時中断されましたが、しばらくの後Giersdorf氏はPCの前に戻り、実際に警察がやってきていた旨をコメント。いわゆる“スワッティング”犯罪の被害にあったことを報告しました。具体的に物理的な被害を受けたことについては言及されておらず、怪我もなく平和的な解決になった模様です。

まあ人気になると嫉妬するキッズがいますからねえ。